わたしたちについて

スクリーンショット(2014-05-12 12.48.21)ひとつぶてんとう園へようこそ

たくさんのご縁に恵まれ、ひとつぶてんとう園は、益々おもしろいカタチに変化しつづけています。私たちは、保育士でもなく教育関係者でもなくただの母ちゃんです。ひとつぶてんとう園で教育や子育ての「正解」や「答え」を提供することはできません。

でも、湖、山や川、空に土、そしてそこにある生命とふれあい過ごす時間が、かつて何らかの問題を抱えていた私たちに、自分と向き合うことを教えてくれました。

こだわりやとらわれに気づかされ、解放していくとともに「自分の中」に答えがみえてくる。それは生きるチカラとなり、それぞれの子育てや、生き方をも変えるものとなりました。

毎日が新しい自分との出逢いです。

代表 にしむらしずえ

なお、当園では食べ物アレルギーを持つ親子さんや、
何らかの問題に立ち止まっている方も歓迎しています。
ご相談ください。

 

スクリーンショット(2014-05-12 12.48.21)ひとつぶてんとう園のあいことば

おむすびとけがは自分持ち

ちょっとのけがも冒険にはつきもの。その経験がこれからの生きる糧になります。力の源、おむすびも、大事なものは自分持ちです。

大人はお口チャックに手は後ろ

大切に考えるあまり、普段は口出ししてしまいがちですが、ここでは大人は見守り役です。自然の中で子どもたちは自ら考えて行動し、かけがえのない気づきをたくさん得ているのです。

子育てや育児ではなく「子守り」をするなかで、親も子も互いに
「自主性・自立心・自己制御力」を高めていく。
活動する中で、自分と向き合い、こだわりやとらわれに気づき、解放していく。
「ほんまもん」を知り、その中から迷わず惑わされず自分で選びとるチカラをつけていく。

ひとつぶてんとう園が大切にしていることです。

スクリーンショット(2014-05-13 0.29.49)

おむすびの理由…
食物アレルギーでもそうでなくとも皆と同じく手から伝わる愛をいただきます。
(お米アレルギーの方ご相談ください)

*当園は子ども未来基金助成金事業の助成を受けています*